進行状況報告

お正月も明け、いよいよ本格的に工事が始まりました。
まずは、0歳児室、そして朝や日中の玄関である側(ガスト側)の
シャッターが取り外されました。郵便ポスト側はまだシャッターが
ついていますので、中で何が行われているのか、わかりませんね。
ここが何になるのかもきっと、前を通る方にはわからないのでは?
今日は、床暖房の下地作りがありました。
今週はもう床貼りが行われますので、雰囲気が出てくるのかと思
います。それに並行して天井はりです。
大きな梁があるので天井が低くなりそうですが、そこをどうやって
居心地の良い空間にしていくのか、設計士さんの腕の見せ所。
子ども側からすると、高すぎるよりは落ち着いた空間になると思い
ますが、一工夫ありそうです。
明日は私も確認しに行く予定にしています。
室内に設置する木をそろそろ選ばないと・・と話しています。
面白い木がいい、遊べる木がいいなんて思っていますが良いもの
がなければ、急がずに山から切ってくるか・・。
木は乾燥させないといけないので、今から切るのでは間に合わな
いため、1年後に入れるか、どうするか・・
なんて話していたら、ちょっとおもしろいものがあるかもとの連絡。
今度、見に行ってみようと思います。
また、園児用の椅子の見本が出来上がったようです。
つぼみ保育園では「変化椅子」と言うものを使います。
この椅子は、子供の年齢、大きさによって座り方を変えることが
できる椅子であまり知られませんが、子どもの座り方、テーブル
との釣り合いを考え、こだわりを持って取り入れている園は多いです。
つぼみ保育園ではテーブルも椅子も遊具棚もすべて注文で作って
いただきます。子どもたちの大事な生活の場はすべて手作りのものをと
考えています。
完成までに間がないため、大工さん達は土日も返上して作って
くれるとか、本当にありがたいです。
反面、ご近所の方々には騒音などでご迷惑をおかけしてしまうので、
本当に申し訳ないです。
いろいろな方のご協力を得て完成させることができます。
17日は職員の顔合わせと保育計画検討などが行われます。
職員も新しい保育園での仲間に会えることを期待とドキドキで
心待ちにしてくれているようです。
これから、土日を利用して職員は保育内容など話し合いを進めて
行きます。
皆様に納得していただける保育園にしていかなければと、心新た
に思います。
楽しい保育園作り、頑張ります!!

横浜市認定保育室 矢向つぼみ保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事