獅子舞

昔はどこの家庭にも獅子舞がやってきて子ども達は恐怖に

襲われながら獅子舞に頭をかまれたものです。

今は一般の家庭に獅子舞がやってくることはなくなってしまい

ました。

昨年、偶然に保育園の前を移動中に子ども達が獅子を発見。

なんだろうと恐る恐る覗いている子ども達に獅子やひょっとこ、

おかめが相手をしてくれました。

ガラス越しに見ていただけでもびっくりしていましたが、こんな

経験もよいものだと思います。

昔から伝わる伝統の習わし、秋田のなまはげ。

泣きながら親にしがみついていた子供も、大人になればまた

わが子にしがみつかれる。

きっと自分もそうだったと遠い子供のころを思い出すことだろう。

地域で守ろうとしている伝統、大人が子供にかける思い。

いい子になりますように、1年健康でありますように。

各地で形が違えどいろいろな行事があるものだ。

あっていいと思う。

大事にしたいと思う。

今年も矢向にも1月4日に獅子舞が現れました。

今年は保育園にも来てもらいました。

また昨年のように通りがかりに眺められるだけでいいと思って

いましたが、今年は中に入って舞ってくれました。

それでも小さいので怖がらないようにと、お獅子は少しで、おかめ

ひょっとこが主に踊ってくれました。

配慮してくださったおかげで、先生のそばに寄りながらも泣かない

で見ていられました。

お母さんの迎え時にそのことを伝えると、頭噛んでもらったの?

と聞かれ強く首を振っている子もいました。

小さいころにそんな思い出があってもいいですね。

また来年も来てもらいましょう。

横浜市認定保育室 矢向つぼみ保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事