牛肉の使用を自粛

先日横浜市から牛肉の使用についての連絡が入りました。
皆様ニュース等ですでにご存じのことと思いますが、南相馬産の
牛肉から高濃度のセシウムが検出されました。
それを受け、福島県ではモニタリング検査を依頼、原因究明の調査を行った結果、屋外放置されていた稲わらから高濃度の放射性セシウムが検出されたと報告され、さらに飼育状況の調査と検査を徹底するとされています。
そこで横浜市では、市内の市立学校、市立幼稚園、保育園に対し牛肉の使用を控えるということを横浜市対策本部放射線対策部で決定しました。
これを受け、認可保育園、横浜保育室に対しても同様の措置を取るように連絡が入りました。
対象になる牛肉は、宮城産、山形産、茨城産、福島産、群馬産、栃木産、新潟産です。

安全の確保が出来るまで、当園でも(ほとんど利用はしておりま
せんでしたが )見合わせることにいたします。
横浜市では、食品に関する心配をされている親御さんの希望を
受け入れ、お弁当持参なども許可しております。
又今後、安全な食品の購入が難しくなってきた場合のことも併せ、
利用されている方々との協議が必要になってくることもあるかも
しれません。今後の動向を見ていきたいと思っております。

子どもには安心して美味しい食事を提供していかなければなら
ないことを一番に考えていきたいと思っております。

横浜市認定保育室 矢向つぼみ保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事