横の連携

大震災の後の計画的停電が行われることになった時、この矢向地区より先に実際に保育を行った地域があると言うことで、停電の中どんな保育が行われたのか、注意すべきこと、それぞれの園での対応策などが知りたくて、とにかく電話をかけました。
そのおかげで少しでも良い状態でその時を迎えることができました。
何もしないではなかなか横の連携を取ることが難しい中、
「横浜保育室・無認可保育所連絡協議会」の存在を知り、
今回当園も仲間に入ることにしました。
この会は大変古くからあり、市の運営課と保育の質の向上や
親支援に向けた様々な助成を求めて話し合い交渉をし、今の
横浜保育室を築き上げたといっても過言ではない存在ある会
です。
私が初めて会議に参加した時も、震災時の現状を話し合い、
問題点を出し合い、それを市へあげていくと言った話し合いが
なされました。3・11に泊り込みで保育をした園も多くありました。
今回は地震、停電、商品の物流が止まるなど、さまざまな問題
が起こり、その対応も各園で違いがあったようです。
又、地域によっては仕事がなくなり解雇を言い渡されてた人が
多くいると言う保育園もあり、退園せざるを得ない状態があり、
園の運営も厳しいと言う話も出ていました。
今後も利用者の皆様の意見も上げつつ横の連携を図りながら
市との正しい連携、協議を行っていけるよう参加させていただ
きたいと思っております。
各家庭向けにイベントなどもたまにあるようですので、その際
はお知らせいたします。
これからも保育園として、保育士としての質の向上を目指し
頑張っていきたいと思っております。

横浜市認定保育室 矢向つぼみ保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事