懐かしい唄

皆さんには心に残っている歌がありますか?

私の心の中にはいつも1曲の歌があり、その時に思い浮かべ

ていた映像が、いまだに残っています。

小さいころよく聞いていた曲です。

今でいう歌のお姉さん的な人で、松田トシさん

私が聞いていたのは童謡のLPレコードで、唄が始まる前にその

唄にちなんだ短いお話がついているもので、そのお話を聞きな

がら情景を思い浮かべていたのです。

ちょうど1年生になるときに今の家に引っ越してきたので、その

前の4.5歳のころのことです。

どんぐりころころ、あめふりくまのこ、かもめのすいへいさん、

かわいいかくれんぼ、みかんの花咲く丘、

お昼寝をしなさいと言われると、いつもそのLPをかけてもらい、

ごろごろしながらその曲に思いをはせていたようです。

みかんがいっぱいなっている丘がありました。

その丘の上に立つと遠くまで海が見えてきます。

その海の遠くのほうには真っ白な船が浮かんでいます。

ほら、聞こえてくるでしょう?

ぼう~と汽笛の音が

何でもないようなお話なのでしょうが、その頃の私にはとても

刺激的だったのでしょう。

行ったこともないところ、

みたこともないおふね

聞いたこともない汽笛の音

それを目の前に思い浮かべながら唄を聞いて楽しんでいたのです。

とても大好きな、懐かしい歌、忘れられない曲でしたが、今日その歌

のおばさんが93才で亡くなったというニュースを見てショックでした。

以前、もう一度松田トシさんのお話入りのその曲が聞きたくて、

探したところとっくに廃盤になっていてどこにもないということ

でした。

とっても残念です。

もう一度聞いてみたいなあ~。

きっと、みんなさんのご両親のほうがご存知でしょう。

今の曲はテンポの速いものが多く、リズムを楽しむものが多い

です。その歌からいろいろなことを思いめぐらせるような、子ども

の思いを膨らませられる唄を今の子ども達にも残してあげたい

ものです。

「みかんの花咲く丘」

1 みかんの花が咲いている

  思い出の道 丘の道

  はるかに見える 青い海

  おふねが遠くかすんでる

2 黒い煙を はきながら

  おふねはどこへいくのでしょ

  波に揺られて 島のかげ

  汽笛がぼうと鳴りました

3 いつか来た丘 母さんと

  一緒に眺めた あの丘よ

  今日も一人で見ていると

  やさしい母さん 思われる

横浜市認定保育室 矢向つぼみ保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事