フォーラムに参加・・

日本子ども育成協議会というところに参加していますが、そこで今回5回目になるフォーラムが開催されます。今回のテーマは

未来への保育~子ども子育て新システムの議論をもとに~です。

いま、子どもをめぐる国の施策が大きな転換期を迎えています。
これまでの「少子化対策」から「子ども・子育て支援」へと視点を移
し、制度・財源・給付の一元化を実現する「子供子育て新システム」
の2013年度の施行に向け、政府関係者や有議者からなるワーキン
グチームが具体的な検討を進めています。
文部科学省・厚生労働省による二重行政や財源確保の問題等
山積する課題をどのように捉え、打開していくのか・・・
男女共同参画、ワーク・ライフ・バランス、雇用の安定等社会の
あり方自体も問われています。
子供は未来の力。
「子供が主人公」という考え方を真に実現し、子供と子育てを社会
全体で支援するために、私たちがすべきことは何かを民間保育
事業者・幼児教育事業者の視点から改めて見つめなおし、議論し
合う機会としたいと考え、第5回フォーラムを開催いたします。

これはご案内ちらしの一文です。
午前中はシンポジウムで白梅大学学長の汐見稔幸先生が
コーディネーターとなり講演をされます。
そのあと、その話を受け3名のパネラーが参加し、議論し合います。
今回横浜保育室の立場から話をしてほしいということで私にお声が
かかり参加することになりました。
横浜保育室としてはまだ1年の経験しかなく、公立と民間の両方の
感覚が交差している私ですが、それでもその感覚で話をしてくれれ
ばいいということなので、ひきうけました。
どんなことになるのか全く想像もできませんが、私なりの意見を
言えればいいなと思っています。
フォーラムには会員のほか、保育団体、経済団体、行政機関、マスコミなど。保護者の皆様も参加自由だそうです。
大変大きなテーマであり、みなさんの一番の関心ごとですので、
その時の様子もご報告したいと思っております。
(ちゃんと話ができるか・・ちょっと心配です)

横浜市認定保育室 矢向つぼみ保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事