来年度の入園児が決まりました

今年ももうこんな時期なんですね。

今年2月の認可発表を前後して、早々に30年度の見学が始まりました。

1年の間にたくさんの方が保育園を見に来てくださり、私の話を長々聞いてくださった。

今年も早31年度に向けた見学者がおります。

とにかくたくさんの保育園を見て自分で選びなさいとアドバイス。

10月3日から始まった来年度の願書受付、20日に締め切って25日には結果をお伝えしました。

今年も単願者で満員になりました。

本当にいろいろな話をしたうえでの単願希望者がたくさんいるということは、より丁寧に見て

ほしい、そして、子供の心に寄り添って親も親として共に育ちあいたいという親御さんがたく

さんいらっしゃるということで職員一同身の締まる思いで受け止めています。

入園までにしておくとよいことは、お便りを入れさせていただきましたが、これから始まる生活

に合わせた生活時間を作ることでしょう。働きだす前に習慣を作っておくことで、子供の疲労感は

少なく大きな生活の変化にも耐えられる体になっていきますよ。そうでなくても入園1年目はいろ

んな病気の洗礼を受けますから、できるだけ仕事を休まなくてもよいように親子ともに体つくりを

していきましょう。

そして育休の残りの数か月ゆっくりとお子さんと関わりながら、その成長を楽しんでくださいね。

今、ここを眺めている在園児、卒園児のお母さん方はきっとその頃を懐かしく思いだしていること

でしょうね。

育休を30年前に終えた私もあの頃のおひさまの下で過ごした日々を懐かしく思い出しますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜市認定保育室 矢向つぼみ保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事