今年もお花見遠足

毎年桜が満開になるのを見計らって園児全員と職員でのお花見を楽しみにしている。

毎年雨に悩まされていていけるかどうかハラハラさせられるのだが、今年は天気も安定。

ここにきてすっかり春がやって来た。

先週あたりから、各クラスがお花見の下見に出かけ、まだまだ・・3分咲き・・5分咲き・・と

2月の懇談会で、2歳児が桜の下でお弁当が食べたいと提案したところ、快く受けてくださった

保護者の皆さんたちも、明日か、明後日かと楽しみにしてくれていました。

3月28日快晴

秋の遠足の時よりも、一回りも大きなリュックを背負っている子もいた2歳児

大きくなったから、新しい保育園に行くからとうれしそうに見せてくれました。

公園でゆっくりとできるように少しでも早めに出発

0歳児はバギーに乗りながら交代で歩きながら、

1歳児は2歳に手をつないでもらいながら歩いていきました。

もちろんお助けのワゴンもつれて。

歩きながら、ここのお花もきれいだね、この桜も満開

公園はもっとすごいね‥と会話もはずむ。

南河原公園に到着すると、もう先客もいっぱい

恒例の全園児記念写真をパチリ。

恒例今年も取れたね~、みんなで来れてよかった!

それにしても、子供の多さにびっくり

以前は3つくらいの保育園が一緒になるくらいでしたが、いったいどれくらいの保育園が

いたことでしょう。

う~ん、やっぱり帽子は派手目に沢山デコレーションしてもらうに限ります。

乳児がお花をめでることが出来るかどうか・・はさておき、この気持ちの良い感覚は十分に

楽しめている。

見上げてみたり、手を伸ばしたり、においをかいでみたり、ちらちらと風に吹かれて舞い

降りてくる花びらを喜んでつまんでみたりと・・ね。

みんなの顔がほころんでいるところで、子供たちもとっても嬉しそう。

この気持ちよさを子供たちと共感できるのが嬉しくて毎年楽しみにしている。

でも、時間に限りがあって・・

先に出発して楽しんでいた0歳児は集合写真を撮った後でもう帰り支度。

山を駆け巡る1歳2歳。

まだ帰りたくないよ~いう気持ちをどう納得させるか・・

1歳児は面白かった。

じゃあ、かごかごやっちゃうよ~と。

何のことやらと見ていると、先生たちが「かごかごじゅうろくもん・・」とうたいだした。

そしたらね、近くにいた子たちから集まりだした。

みんなが手をつないで丸くなりだして・・

おっきな輪に・・。

ね~みんなこれが大好きなんだもんね~と。

さあ、集まったからもう帰ろうね・・と

う~ん、うまい!!

卒園進級お祝い会でも見ていただいた「かごかご」の威力でした。

ばいばい~と先に帰る1歳を見送りながら2歳児はちょっぴり優越感

だって今年はおべんともってるもん!

お母さんが作ってくれたおにぎり。

おかずは給食の先生が作ってくれたものを園から運んで。

ほら、ね。

お弁当箱の蓋をお皿にして素敵なお弁当の出来上がり。

担任たちの願いをお母さんと給食の先生がかなえてくれました。

お弁当を食べている時も、ふんわりふんわり花弁が散ってきて、

自分のところに花弁が入った~と大よろこび。

これは、とても印象に残ったようで園に帰ってからもその次の日も、子供たちが

みんなにお話ししていました。

おなかもいっぱいになってみんないいお顔。

先生たちもいいお顔。

これから大きな世界へ飛び出していく子供たち

きっと楽しいこといっぱい待ってるよ。

今年の花見も無事楽しむことが出来ました。

嬉しさと、別れがもうすぐであることの寂しさを今、味わってます。

 

 

 

 

 

 

 

横浜市認定保育室 矢向つぼみ保育園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事